654654654
theater copy
映画祭受賞
映画『ガッデム 阿修羅』フィシャルサイト
映画祭受賞

TRAILER

INTRODUCTION

6人の運命は、の夜一変した。

映画『ッデム 阿修羅』|劇公開

善になるも、悪になるも、
タイミング次第なのかもしれい。

ジャーナリトのフー・ムーチン(胡慕情)が書いた無差殺傷事件に関する3つのレポートに触発され製された、社会派サスペス。2022年3月に台湾で開され話題を呼んだ本作は、2021年に台湾のアデミー賞とされる金馬奨でワン・ユーシュエ(王渝萱)が最優秀助女優賞、2022年には台映画祭の台北電影奨で脚本賞、音楽賞、最優秀助演女優賞を受賞し。また、2023年米国アカデミー賞では、国際長映画賞部門で台湾代表としてエントリーされた。

メガホンを取ったのは映画界とテレ界で活躍し、数々の受歴があるロウ・イーアン(樓一安)。大ヒッを記録した『先に愛し人』(2018)で注目さた新人俳優、ホアン・ェンチョウ(黃聖球)が主役を務め、その親役を本作で金馬奨の新賞にノミネートされたパン・ガンダー(潘綱)、同じく本作で金馬、台北電影奨で受賞したワン・ユーシュエン王渝萱)が不良少女役記者役を『親愛なる君へ』(2020)で知られるー・ズーイー(莫子儀)が演じる。

STORY

18歳の生日を迎えたばかりのジャン・ウェン(ホァ・シェンチョウ)が、市で乱射事件を起こした。その動機について周囲の誰も見当がつかい。彼を助けたい親友のアーシン(パン・ガダー)は「殺意はなかたこと」を証明するために奔走する。この事で唯一犠牲になったシオセン(ライ・ハオジャ)は、ゲーム「王者世界」で多くのファン持つプレーヤーだが、実生活では規則正しく凡な生活を送る地味な務員。その婚約者のビータ(ホァン・ペイジ)は仕事中心の生活にっており、2人の間にすれ違いが生まれてい。リンリン(ワン・ユーシュエン)は非行にる少女。同じく「王者世界」にのめり込み、ゲームのため偽のIDとヌード写真を用いてシャセンを誘惑し協力を得いた。黎明アパートを取材する記者、バイ菌モー・ズーイー)は偶、現場に居合わせ、事件の真相を突き止めるとを決意する。

6の運命が夜市で交錯する。もし、彼らが犯行に別の選択をしていた、悲劇は起きなかったのだろうか…。

CAST

ジャ・ウェン_/ホァン・シェンチョウ(黃聖球)

2012年、チアン・シウチュンとシュー・ユーィン監督によるテレビラマ『台北ラブストーリー~美しき過ち』のーエン役でデビューし2018年にはシュー・ユティンとシュー・チーエン監督による映画『先に愛した人』で銀幕ビューを果たし、第55金馬奨最優秀新人男優にノミネートされる。作中では、夜市で無差殺人を犯した男、ジャ・ウェンを演じる。裕福で幸せな家庭に育つ、18歳の誕生日に一線越えて公務員を射殺ししまうのである。彼はなぜそんなことをしたか、そしてその理由は

バ菌_/モー・ズーイー(莫子儀)

国立台北術大学の演劇学科を卒し、1996年から演劇や像作品に携わり、テレ、映画、舞台と多岐にわたって活躍する。2018、『台北歌手(原題)』に出演し、ロウ・イアン監督と共に第53回鐘賞(台湾エミー賞)ドラマ番組部門の最優秀脚本賞を受賞、2020年は『親愛なる君へ』で第22回台北映画祭の最優秀男優賞、第57回金馬奨の最優秀男優賞、第2回湾映画評論家協会賞男優賞、第12回青年映画手冊年間最優秀男優賞を賞している。作中では衝動的でシニカルな性格の熱血ジャーナリスを演じている。リンリが住む裏社会の取引に使われるアパートの取を予定していた彼は、然にも無差別殺人犯逮捕の重要参考人に…。

ビータ_/ホァン・ペイジァ(黃姵嘉)

国立台北芸術大学の舞学科卒業。2009年、『無此人(原題)』で第44回金鐘賞ミニドラマシーズの最優秀助演女優賞にノミネートされる2018年、『台北歌手(原題)』で第53回金鐘賞ドラマ番組部門の最優秀優賞を受賞。 作中では、無差別殺人事件の被者の婚約者ビータを演ており、殺人事件当日は残業中で、退社を待ていた婚約者が夜市で亡事故に遭い、罪悪感を覚えると同時に、毎遅くまで働いている自は一体何なのかと考えさせられる。

アーシン_/パ・ガンダー(潘綱大)

台湾で人気のオルタナティブバンドEggPlantEggの『Back Here Again(英題』のミュージックビデに出演し、注目を集めた後、『拉格朗日什麼法(原題)』や『風中沉的花蕊(原題)』等のTVドラマに出演し、演技力を磨く。2019年にはHBOアジア・オリジナルズの『Invisible Stories – Lian(英題)』で主演に抜され、18歳の自閉症少を演じる。2021年には台北映画祭で期待の新星選出する「非常新人(SUPERNOVA)」に選ばれる。作中では、ジャン・ウンと漫画を共に描く親のアーシンを演じている。親友が殺人を犯すもりはなかったと確信、彼のために証拠を見つけたいと考えている本作で第58回金馬奨の優秀新人賞にノミネーされた。

リンリン_/ワン・ユーシュエン(王渝萱)

台北の市立復興高校演科出身。15歳のとき、ウ・イーアン監督の映画『White Lies, Black Lies(題)』でデビューし、主役のアニー・チェン学生時代を演じた。そ後、『Little Blue(英題』で長編映画での初主役を務める。作中では建て替えを控えた古いルに住む少女を演じる。夜市殺人事件の当日自身の住むアパートの材をする記者と会う予定だったが、アクシデトが起き、行けなくなてしまう。もし、彼女が夜市に行っていたら事件の行方は変わってたのだろうか?本作で第58回金馬奨と第24回台映画祭の最優秀助演女優賞を受賞している。

シャオセン_/ライ・オジャ(賴澔哲)

彩な役柄をこなす舞台俳優として、数多くの台・映画・テレビ作品出演し、2016年には『遊(原題)』で第38回穗賞の最優秀男優賞を賞している。作中では、存在感のない小物公員を演じているが、実ゲーム「王者の世界」で稀代の王として活躍ている。殺人事件当日夜市で婚約者の退社を待っていたが、無差別人事件に巻き込まれ、一の被害者となる。

STAFF

監督・脚本/ロウ・イーアン(樓一安)
ユン・ギョンホ/ソ・シク役

映画とテレビの両分野で活躍する本家兼監督で、そのダクユーモアとキャラクターを生かした緻密なトーリー展開で最もよ知られる。2005年の『樂的出航(原題)』、2009年の長編映画『A Place of One’s Own(英題)』、2013年の『廢物(原題)では、台湾の文化や社会・人種問題に触れ、内外で賞を獲得した。2015年の長編映画『White Lies, Black Lies(英題)』と2022年の長編映画『ガッム 阿修羅』は、いずも台湾で実際に起きた件をモチーフにしている。作品を通して、現の文化や人種問題、階差や世代間ギャップがもたらす社会問題に常大きな関心を寄せてい。

THEATER

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 近畿 国・四国 九州・沖
北海道・東北
都道府県 劇場 公開日 前売券
----- ----- ----- -----
都道府県 劇場名 公開日 売券
東京 シネマート新宿 6/9(金)~ -----
神奈川 あつぎのえいがんkiki 6/9(金)~ -----
栃木 小山シネロブレ 8/4(金)~8/17(木) -----
甲信越・北陸
道府県 場名 公開日 前券
長野 長野千劇場 6/9(金)~ -----
中部
都府県 劇名 公開日 前売
シネマスコーレ 7/29(土)~8/4(金) -----
近畿
都道府県 劇場 公開日 前売券
ネマート心斎橋 6/9(金)~ -----
京都 都シネマ 6/9(金)~ -----
兵庫 Cinema KOBE 6/10(土)~ -----
中国・四国
都道府県 劇場名 公開日 前売券
---- ----- ----- -----
九州・沖縄
道府県 場名 公開日 前券
福岡 KBCシネマ 8/22(火)1日限定上映 -----
Scroll up

No posts were found for provided query parameters.